Menu

花を贈るという意味

なんで、多くの人たちが、誰かにプレゼントをしようと思ったとき、選択肢には、お花があるのでしょうか。母の日に、別にカーネーションでなくても大丈夫なのです。しかし、多くの人たちは、お母さんを感謝する意味で、カーネーションを贈ることを習慣にしています。やっぱり、カーネーションというお花も、お母さんに一番合っているお花だというイメージがあるからではないでしょうか。

お花を贈ることより、もらったお花を部屋に飾ることで、部屋の印象を変えることができます。それは、お花自体が綺麗という以上のメリットをお花がもたらしてくれるためです。

そして、お花を置くには、ちょっと乱雑な部屋では、お花の魅力も半減してしまうので、部屋を一度綺麗にしようというモチベーションも起こるのではないでしょうか。とにかく、そのような気持ちによって、フレッシュな生活を送ることができるようになります。

生花をプレゼントすれば、定期的に水を取り替えたり茎をカットしたりする手入れをしなければならない気持ちが必要になったりします。お花を育てて行くということはここに愛情が必要です。贈られた人たちはお花によってより自然と愛情に育まれることになるでしょう。人間にとってとても必要なことをもう一度再確認してもらうチャンスです。

更に風水的に見てもお花をプレゼントすることはとても効果的と言われています。恋愛運や金運などが下がってしまっているのは家のなかに邪気が溜まっているせいです。たった一本のお花がプレゼントされただけできっとそのお花の花びらが邪気を吸い取ってくれることでしょう。風水をそれほど信じていないという人たちもいるかもしれませんが、美しいものが側にあれば誰でも気分が良くなるもののです。

お花は枯れてしまうこともありますが、私達を決して裏切らないプレゼントともいうことができます。実際に実験結果がありますが、生花のある部屋では、人間は活気が大幅に向上したということです。お花が側にあれば、不安、緊張、苛立ち、嫉妬、ストレス……、そのような心情を減少させることができたということです。きっとそのような精神から、いい運気も、ここへ導かれることでしょう。

最近では、お花をプレゼントする人たちの中には、生花だけでなく、プリザーブドフラワーを贈るという人たちもいます。生花の場合、1週間~2週間程度で枯れてしまうのですが、プリザーブドフラワーは1~2年程度色も変わらずに楽しむことができます。枯れないお花がいいというのならドライフラワーのプレゼントという方法もありますが、やはり、ドライフラワーでは、先ほどお話ししたメリットがもたらされないと感じた場合、このようなプレゼントでもいいのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーは、水やりも必要ありません。生花の場合は、すぐに枯れてしまうから寂しいという人たちがいます。寂しがり屋の人たちには、プリザーブドフラワーをプレゼントしましょう。