Menu

1月の花

様々な季節に魅力的なお花があります。1月には、まず、梅からスタートという感じではないでしょうか。まさに、一年のはじまりを象徴するようなお花です。

梅の花言葉は、「高潔」「忠実」「忍耐」です。まさに、もうすぐそこに春が来る予感を感じさせてくれるお花です。春には、満開にサクラが咲きますが、サクラの花びらは、切り込みのある舟形をしていて、梅の花の場合は、切り込みのない円の形をしています。枝振りにも、花のつき方にも違いがありますが、今度しっかりチェックして比較してみましょう。

梅のお花は、紅い梅と、白い梅ですが、中には、一本の木の中で、両方咲いているものも見ることができます。

子供さんたちも大好きなお花と言えばチューリップではないでしょうか。チューリップも、ハイシーズンは、1月から3月と言われていますので、まさに、1月にとてもマッチングしているプレゼントです。

チューリップの花言葉は「永遠の愛」「恋の告白」「博愛」「名声」「希望」です。花色には赤やピンク、黄色、白と言ったものがあり、最近では、更にいろいろな色がオンパレードしています。黒系のチューリップもあることをご存じでしょうか。

チューリップのお花と何かをアレンジメントする場合はバラやユリというよりも スイートピーやマーガレットなどの気取らないお花と組み合わせた方が、チューリップの野の花的イメージをよりクローズアップ出来るでしょう。

バラをプレゼントするというのもいいのではないでしょうか。 バラにもいろいろな種類があって、何をプレゼントしていいか迷っている人たちも多いようです。ボレロは、中心が、ほんのり杏色かまたは、淡いピンクです。ロゼット咲きの純白な美しいバラです。見た目優しいイメージを与えてくれるのと同時にトロピカルな香りが漂って来ます。

ノックアウトのバラは、比較的強いお花なので、出来れば手をかけないでバラを楽しみたいという方々におすすめです。(フロリバンダ系)

更に、ハイブリッド・ティー系のバラで人気なのは、ミュリエル・ロバンです。ピンクのようでもあり、紫がかった、またはモーブ・ピンクの色はまさに大人の好むバラ色ではないでしょうか。バラは、やっぱり強い香りも大きな魅力です。 レジス・マルコンは、バイブリッド・ティーのバラらしく、芯の高い花形です。

更にバラには、シュラブ樹形のオデュッセイアや、つるバラのルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールなどがあります。